群馬の給湯器やエコキュートの設置・交換なら群馬給湯器交換センターにお任せ!

MAIL
0120-8210-42

安中市で給湯器の交換工事をお考えの方は【群馬給湯器交換センター】にお任せください。

安中市は群馬県南西部にございます、人口約6万人の市です。
江戸時代に板鼻・安中・松井田・坂本が中山道の宿場町として栄え、また、江戸時代には安中藩の城下町としても知られていました。

碓氷川及びその支流の流域の大部分を市域に含む安中市は、中心市街地付近は関東平野末端の低地ですが、西側は山間地になっており、ダムや人造湖も多く所在します。

西端にある長野県との県境・碓氷峠は古来より交通の難所として有名です。
市の東部に東邦亜鉛安中製錬所があり、西部(磯部地区)には信越化学工業磯部事業所が、そのまた西には信越化学工業松井田事業所がそれぞれ所在しています。

安中市はこの二大企業が中心となって存在しており、またその二大企業に深く関連する企業も多く存在します。

群馬給湯器交換コラム⑲

給湯器取り換え交換時の注意点

給湯器の寿命は多少の違いはありますが、一般的には10年が目安です。10年を経過して不具合が生じる場合には交換を考えたほうが良いでしょう。
このときマンションなどの集合住宅の場合には、交換するときの注意点がいくつかあります。

マンションなどの場合、あらかじめ設置できる給湯器のサイズが決まっていることが多く、現在の機種よりも大きいものは使用できないケースがほとんどです。

このため、機種の交換を考えるときには事前にマンションの管理会社などに必ずご相談をするようにしてください。現行よりも小さい機種であれば取り付けが可能になることもありますが、その場合には設置スペースの隙間を埋める作業が必要になります。
また、設置スペースについてもマンションの場合、ベランダもしくはパイプシャフトに設置をすることがほとんどです。
マンションを建築するときには、特定の給湯器メーカーの規格に合わせてパイプシャフトのスペースを作るので、交換のさいにも同じメーカーを選ぶことをおすすめします。

合わせて追炊き機能の追加をするときなどは、追炊き専用の配管を増設するのでこれもマンション側の許可が必要になります。

このようなことからマンションでの給湯器交換は独自の判断でおこなうと、後々面倒なことになりますから、必ずマンション側に問い合わせてから交換するか、もしくは専用の業者に一度ご相談をいただくと良いでしょう。

群馬給湯器交換コラム⑳

ガス給湯器とガスメーターの関係

ガス給湯器をお使いのご家庭には必ずガスメーターが設置されています。ガスメーターは、ガスの使用量を計測するためのものですが、このほかにもガス漏れや異常なガスの使用量、大きな地震がおきた非常時には、ガスメーターが感知して自動的にガスをストップさせる機能などがあります。

ガスメーターは号数ごとに使用できるガスの量が異なります。もっとも小さい号数は2.5号となり、順に4・6・8号となっています。
そして、ガスメーターの号数と給湯器の給湯能力は比例します。2.5号メーターで利用できる給湯器は10号まで、4号メーターの場合には20号の給湯器まで、8号メーターでは32号までの給湯器を取り付けることができます。

ガスメーターにも、ガス給湯能力の許容範囲があるため、たとえば2.5号のガスメーターなのに、20号の機種は取り付けられません。

世帯人数が増えるなどの理由で給湯能力の号数を増やしたい場合には、ガス会社に連絡をしてガスメーターを交換してもらう必要があります。交換費は無料で、立ち合いは必要となりますが、当日の作業は1時間程度ですから簡単です。
ただし、マンションなどの集合住宅ではガスメーターの交換ができない場合もあります。マンションの管理組合や大家さんなどに必ず確認してから各ガス会社にご連絡ください。


給湯器・ボイラー 交換工事エリア

【群馬県】高崎市、前橋市太田市、伊勢崎市桐生市渋川市館林市藤岡市安中市みどり市富岡市沼田市邑楽郡大泉町邑楽町板倉町千代田町明和町)、吾妻郡中之条町東吾妻町・嬬恋村・草津町・長野原町・高山村)、佐波郡(玉村町)、北群馬郡(吉岡町・榛東村)、利根郡(みなかみ町・昭和村・片品村・川場村)、甘楽郡(甘楽町・下仁田町・南牧村)、多野郡(上野村・神流町)