群馬の給湯器やエコキュートの設置・交換なら群馬給湯器交換センターにお任せ!

MAIL
0120-8210-42

給湯器の寿命・耐久年数と、給湯器の熱源タイプの特徴について

群馬給湯器交換センターからの豆知識その①

『給湯器の寿命・耐久年数について』

家電同様、給湯器にも当然寿命はあります。

機種や使用頻度によっても寿命の時期は異なりますが、毎日使う給湯器の一般的な寿命は10~15年となっています。

リンナイやノーリツなどの各メーカーでは、通常の使用をした場合、安全面で保証できる使用期間は10年と定めています。
設置から10年以上経過したものに関しては、壊れてしまっても保守部品の生産がすでに終了していることもあり、
ほとんどの機種は修理の対応ができないのが現状です。

寿命や故障のサインとしては、給湯温度の不安定、お風呂の湯がぬるい、湯が出るまでに時間がかかる、などがあります。

ただし、このような症状があったとしても、故障とは限らないこともあります。
給湯器は10年以上使用することで、熱交換器などが劣化してしまい、新品に比べると2割程度機能が衰えることもよくあります。

ですので、これらの問題が生じた場合には、速やかに専門業者に依頼をして給湯器の状況を確認する必要があります。

群馬給湯器交換センターでは、現在お客様がお使いのガス給湯器の不具合を調べ、修理なのか交換なのかを的確に判断させていただきます。

群馬県内でしたら速やかに対応させていただきますので、

故障かな?と思ったらまずは連絡をください。

 

 

 

群馬給湯器交換センターからの豆知識その②

『給湯器の熱源タイプの特徴について』

給湯器の種類はさまざまで、熱源ではガス・電気・石油のほかエコ給湯と言われる効率型のものまで幅広くそろっています。熱源によっても得手不得手があるので、購入の際はよく理解して検討すると良いでしょう。
一般的に知られている大まかな熱源別給湯器の特徴としては、ガスの給湯機器は小さく設置スペースの幅を取らない、また電気に比べてコストが安い。

ただし燃焼時の音がうるさいこともある。電気は音が静かで取扱いが簡単、ガス漏れなどの心配がない。ただし深夜に使用する場合には電気代が高くなる。

石油はもっともコストが安い。ただし現在はあまり普及をしていない。などの特徴があります。

これらをトータルしてもっとも需要が高いのは、ガス式の給湯器となっています。ガス式は燃料制御が容易なため単純な構造をしていて故障しにくいことが特徴です。

そのうえ、給湯能力が高いのでいつでも安定した湯の供給が可能になります。
先ほど説明した設置スペースの場所を取らないことも、最近の住宅事情では大きな利点となっているようです。

気になる燃焼時の騒音についても以前に比べると静かな給湯器も開発されているのでさほど気にならないものもあります。ガス式と言ってもその種類はとても多く、ガスの種類によって対応機種も異なりますので、ご自身の判断で決めるのは難しいと思います。

ですので、ガス交換の取り付けの際には群馬給湯器交換センターまでお気軽にお問い合わせください。専門資格を取得したスタッフ詳しく説明させて頂きます。


給湯器・ボイラー 交換工事エリア

【群馬県】高崎市前橋市太田市、伊勢崎市桐生市渋川市館林市藤岡市安中市みどり市富岡市沼田市邑楽郡大泉町邑楽町板倉町千代田町明和町)、吾妻郡中之条町東吾妻町・嬬恋村・草津町・長野原町・高山村)、佐波郡(玉村町)、北群馬郡(吉岡町・榛東村)、利根郡(みなかみ町・昭和村・片品村・川場村)、甘楽郡(甘楽町・下仁田町・南牧村)、多野郡(上野村・神流町)